TECC,Tokyo Endovascular Challenging Conference

TECC STEPS 2024

  • HOME
  • TECC STEPS 2024

TECC STEPS 2024
TECC STEPS 
2024年7月3日(水)

Late Breaking Clinical Trialを振り返る

JET2024は、6月14日(金)-16日(日)に博多で開催です。
Japan Endovascular Treatment Conference 2024 (JET2024) (j-et.jp)

TECCでは、14日(金)・15日(土) 08:00-09:00 Hall A で開催の「Late Breaking Clinical Trials」で発表のいくつかの演題をJET会期終了後に、おさらいをします。
Hall_A_0528.pdf (j-et.jp)

JETとTECC、両方参加いただき、さらに理解を深めていただく機会になりますと幸いです。
ぜひ、ご予定おきください。

日程
2024年7月3日(水) 19:00~20:30
参加
登録費
無料

プログラム案

Insights from the ASPARAGUS study
高原 充佳

ASsessment of tHearapy for latrogenic pseudoaneurysm including BAlloon-assIsted hemostasis and conveNtional sUrgical repair: SHIBAINU retrospective multicenter study
飛田 一樹

Recurrent patterns and clinical outcomes after drug-coated balloon angioplasty for femoropoliteal artery lesions
吉岡 直輝

TECC STEPS 2024
TECC STEPS 
2024年5月25日(土)

TECC塾 〜家庭教師のTECC〜

塾生募集!!
来る5月25日(土)17時30分からTECC塾を開催いたします。
EVT経験数100例以下の若手の先生を対象とした、少人数でのEVTとプレゼンテーションの講座です。
講師は仲間達也、宇都宮誠、岩田曜、鈴木健之 がつとめます。

*ZOOMのブレイクアウトルームを使用するため、一部屋4人の少人数講座となり、濃厚なコミュニケーションの場となります。

若い先生方、TECC塾への参加をお待ちしています。
また経験豊富な先生方には、ご施設、またはお知り合いの若手の先生に是非ともご推薦をいただけましたら幸いです。

共にEVT領域を盛り上げていきましょう!
多数のご応募をお待ちしています!

日程
2024年5月25日(土) 17:30~20:30
対象
医師(ただし、EVT経験症例数100例以下に限る)
募集人数
12名(講師1人つき3名まで)
参加
登録費
3,000円

今年のトピックス

1)プレゼンの準備、発表
2)カテ医のキャリア、人生相談
3)造影と穿刺の基本
4)合併症からのBail out

時間配分(予定)

1コマ40分
25分:15分講師レクチャー + 10分質疑
15分:10分塾生プレゼン + 5分質疑

特典

講義で使用のスライドを進呈

応募要領

応募フォームより必要事項をご入力の上、応募ください。

締め切り 3月15日(金)

募集終了しました
多数の応募ありがとうございました。

TECC STEPS 2024
TECC STEPS 
2024年4月3日(水)

本当にあった怖い合併症はなし

2024年もTECC STEPでは恒例の「本当にあった怖い合併症はなし」をお送りします。
EVTはその治療自体が多彩であり、また背景の血管性状も不良の場合が多く、想定外の様々な合併症が起こり得る可能性があります。
もちろん、合併症が起こる前提で治療を行う訳ではありませんし、起こらないにこした事はないですが、それでもどこかで出会ってしまうのが合併症。
いざという時のため、皆で経験や知識を共有し、備えませんか?安全に治療を行うため、常に合併症に備えておくー常日頃からの学びや備えが、窮地を突破する糸口を与えてくれます。

なお、優秀演題賞は、視聴者の皆さんの投票で決まります。
プログラム最後まで是非ご視聴、ご参加をお願いいたします。

多数のご参加をお待ちいたしております。

日程
2024年4月3日(水) 19:00~20:30
参加
登録費
無料

プログラム

座長:
緒方 健二 (宮崎市郡医師会病院)
飛田 一樹(湘南鎌倉総合病院)
コメンテーター(TECC):

岩田 曜、宇都宮 誠、鈴木 健之、仲間 達也

■19:00-19:15

演題1「CLTIに対してBTK interventionを施行したが、急性閉塞を繰り返した症例」

鈴木 理穂(市立札幌病院)

■19:15-19:30

演題2「急性下肢動脈閉塞症治療直後に穿刺部止血により再閉塞を来たし再治療時に穿刺部の出血コントロールに難渋した一例」

辻本 誠長(札幌心臓血管クリニック)

■19:30-19:45

演題3「血管内塞栓物質を使用することでmiserableな結果を招いてしまった1例」

岩﨑 義弘(淡海医療センター)

■19:45-20:00

演題4「半年前に2倍にエロンゲーションして留置されたDESの再治療依頼。果たしてステントはどうなっている?デバイス選択は??」

田中 綾紀子(仙台厚生病院)

■20:00-20:15

演題5「左鎖骨下動脈起始部の蛇行を伴う石灰化結節による亜閉塞病変の血行再建中にballoon-expandable stentが腋窩動脈に逸脱した一例」

志鎌 拓(山形大学医学部附属病院)

■20:15-20:30

演題6「impella CP抜去後に腹部大動脈に急性血栓閉塞を生じMNMS発症し死亡した一例」

安齋 均(SUBARU健康保険組合太田記念病院)

■20:30

視聴者投票

TECC STEPS 2024
TECC STEPS 
2024年3月28日(木)

TECC Routine Live ~THE 登竜門~

毎年恒例!! TECC Routine Live
TECCの日常をお送りするTECC Routine Liveを今年も開催いたします。今年のテーマはズバリ”THE 登竜門”です。
若手EVTオペレーターをゲストにお迎えして、TECCメンバーとディスカッションしながら治療に当たらせていただきます。
多様なストラテジーを織り交ぜながら、どのように治療を成功に導いていくのか、いつものオペレーターがどんなことを考えながら指導を行っているのか、通常のライブとは違う一面が見られるかもしれません。
是非お楽しみください!

なお、TECC Routine Liveでは飛び入りコメンテーターを随時募集しております。
コメンテーターとして参加を希望される先生はチャット機能などを用いてお気軽にお申し出ください。

日程
2024年3月28日(木) 13:00~17:00
参加
登録費
無料

プログラム

Case 1 13:00-14:20

【中継施設】東京ベイ・浦安市川医療センター

メインオペレーター:田尻 勇太(東京品川病院)
サポートオペレーター:仲間 達也(東京ベイ・浦安市川医療センター)

Case 2 14:20-15:40

【中継施設】東京都済生会中央病院

メインオペレーター:尾﨑 大(順天堂大学医学部附属 浦安病院)
サポートオペレーター:鈴木 健之(東京都済生会中央病院)

Case 3 15:40-17:00

【中継施設】東京ベイ・浦安市川医療センター

メインオペレーター:小島 俊輔(東京ベイ・浦安市川医療センター)
サポートオペレーター:仲間 達也(東京ベイ・浦安市川医療センター)

座長:
宇都宮 誠(TOWN訪問診療所城南)
岩田 曜(船橋市立医療センター)
コメンテーター:

相川 博音(東邦大学医療センター大森病院)
岩﨑 義弘(淡海医療センター)
鈴木 理穂(市立札幌病院)
豊島 拓(大阪警察病院)
福田 健太郎(順天堂大学医学部附属練馬病院)
山根 治野(大阪医療センター)
良永 真隆(藤田医科大学病院)

TECC STEPS 2024
TECC STEPS 
2024年2月7日(水)

X-cases

Hello, EVT lovers!

Tokyo Endovascular Challenging Conference (TECC) organization will hold a web-based case presentation conference “TECC STEPS: X-cases” on February 7, 2024.
We will invite 8 Asian speakers to share their extreme EVT case presentations and discuss the best and the newest EVT strategies in English.
It’s one of the most popular events through TECC webinars and is a priceless opportunity to hear expert opinions and grab the global trend on EVT.

At the end of the seminar, we will ask the audience to vote for the best presenter.
We are sincerely looking forward to your participation!

いつもTECCを応援して下さる皆様へ

今年のX-Casesの演者が決定しました。
国内外から8演題の発表となりました。
今回の演題での学びが、皆さまの日常診療のお役に立てると幸いです。

なお、ベスト・プレゼンターは、視聴者の皆さんの投票で決定します。

ふるってご参加ください。

Date
February 7 (Wed.) 19:00〜20:30
Venue
Online
Language
English
Fee
free

Program

Moderators:

Takenobu Shimada, Osaka Metropolitan University, Japan
Kazunori Horie, Sendai Kousei Hospital, Japan
Panelists:

Kenji Suzuki, TECC, Japan
Makoto Utsunomiya, TECC, Japan
Tatsuya Nakama, TECC, Japan
Yo Iwata, TECC, Japan
Program:

1. “A case of balloon rupture in a severely calcified lesion treated successfully using retrograde "calc-pick technique"”
Dr. Yoshihiro Iwasaki, Oumi Medical Center, Japan

2. “Immediately stent thrombosis after recanalization of the popliteal artery occlusion”
Dr. Panat Nisityotakul, Vachira Phuket Hospital, Thailand

3. “Clinical impact of novel revascularization for occluded femoropopliteal prosthetic bypass graft: A combination of surgical thrombectomy and drug-coated balloon angioplasty”
Dr. Tatsuro Takei, Tenyoukai Central Hospital, Japan

4. “BMS stents for complex lession”
Dr. Loi Hoang Minh, Hanoi Heart Hospital, Vietnam

5. “A case of aortoiliac occlusive disease treated with chimney technique”
Dr. Tomofumi Tsukizawa, Kishiwada Tokushukai Hospital, Japan

6. “Hard-to-cross iliac CTO and post-procedure thrombosis”
Dr. Wacharaphong Pitaksantayothin, Sapporo heart center, Thailand

7. “A case of acute limb ischemia with giant popliteal artery aneurysm treated with a covered stent and back-up self-expandable STENT implantation, although the deployment line was torn during the procedure.”
Dr. Akiko Tanaka, Sendai Kousei Hospital, JAPAN

8. “A nightmare ALI case”
Dr. Kevin, Chung-Ho Hsu, China Medical University Hospital, Taiwan