TECC,Tokyo Endovascular Challenging Conference

TECC STEPS 2024

  • HOME
  • TECC STEPS 2024

TECC STEPS 2024
TECC STEPS 
2024年5月25日(土)

TECC塾 〜家庭教師のTECC〜

塾生募集!!
来る5月25日(土)17時30分からTECC塾を開催いたします。
EVT経験数100例以下の若手の先生を対象とした、少人数でのEVTとプレゼンテーションの講座です。
講師は仲間達也、宇都宮誠、岩田曜、鈴木健之 がつとめます。

*ZOOMのブレイクアウトルームを使用するため、一部屋4人の少人数講座となり、濃厚なコミュニケーションの場となります。

若い先生方、TECC塾への参加をお待ちしています。
また経験豊富な先生方には、ご施設、またはお知り合いの若手の先生に是非ともご推薦をいただけましたら幸いです。

共にEVT領域を盛り上げていきましょう!
多数のご応募をお待ちしています!

日程
2024年5月25日(土) 17:30~20:30
対象
医師(ただし、EVT経験症例数100例以下に限る)
募集人数
12名(講師1人つき3名まで)
参加
登録費
3,000円

今年のトピックス

1)プレゼンの準備、発表
2)カテ医のキャリア、人生相談
3)造影と穿刺の基本
4)合併症からのBail out

時間配分(予定)

1コマ40分
25分:15分講師レクチャー + 10分質疑
15分:10分塾生プレゼン + 5分質疑

特典

講義で使用のスライドを進呈

応募要領

応募フォームより必要事項をご入力の上、応募ください。

締め切り 3月15日(金)

TECC STEPS 2024
TECC STEPS 
2024年4月3日(水)

本当にあった怖い合併症はなし

2024年もTECC STEPでは恒例の「本当にあった怖い合併症はなし」をお送りします。
EVTはその治療自体が多彩であり、また背景の血管性状も不良の場合が多く、想定外の様々な合併症が起こり得る可能性があります。
もちろん、合併症が起こる前提で治療を行う訳ではありませんし、起こらないにこした事はないですが、それでもどこかで出会ってしまうのが合併症。
いざという時のため、皆で経験や知識を共有し、備えませんか?安全に治療を行うため、常に合併症に備えておくー常日頃からの学びや備えが、窮地を突破する糸口を与えてくれます。
多数の演題登録をお待ちいたしております。

日程
2024年4月3日(水) 19:00~20:30
参加
登録費
無料

演題募集要項

貴院で経験されたEVTの合併症症例についてその発生状況や対応などをご報告ください。

1.発表言語:日本語

2.発表時間:発表:6分 + 質疑8分

3.演題登録方法:

演題登録フォームより下記項目をご入力の上、応募ください。

ご発表者氏名、よみがな、ご発表者メールアドレス、ご発表者所属ご施設、
演題タイトル、演題抄録、キー画像(もしあれば)

※抄録はタイトル、発表者名、所属施設名、本文400字程度でお願いいたします。

※必要に応じて症例を端的に表現する静止画像1枚を添えてください。

締め切り 2月26日(月)

TECC STEPS 2024
TECC STEPS 
2024年2月7日(水)

X-cases

Hello, EVT lovers!

Tokyo Endovascular Challenging Conference (TECC) organization will hold a web-based case presentation conference “TECC STEPS: X-cases” on February 7, 2024.
We will invite 8 Asian speakers to share their extreme EVT case presentations and discuss the best and the newest EVT strategies in English.
It’s one of the most popular events through TECC webinars and is a priceless opportunity to hear expert opinions and grab the global trend on EVT.

At the end of the seminar, we will ask the audience to vote for the best presenter.
We are sincerely looking forward to your participation!

いつもTECCを応援して下さる皆様へ

今年のX-Casesの演者が決定しました。
国内外から8演題の発表となりました。
今回の演題での学びが、皆さまの日常診療のお役に立てると幸いです。

なお、ベスト・プレゼンターは、視聴者の皆さんの投票で決定します。

ふるってご参加ください。

Date
February 7 (Wed.) 19:00〜20:30
Venue
Online
Language
English
Fee
free

Program

Moderators:

Takenobu Shimada, Osaka Metropolitan University, Japan
Kazunori Horie, Sendai Kousei Hospital, Japan
Panelists:

Kenji Suzuki, TECC, Japan
Makoto Utsunomiya, TECC, Japan
Tatsuya Nakama, TECC, Japan
Yo Iwata, TECC, Japan
Program:

1. “A case of balloon rupture in a severely calcified lesion treated successfully using retrograde "calc-pick technique"”
Dr. Yoshihiro Iwasaki, Oumi Medical Center, Japan

2. “Immediately stent thrombosis after recanalization of the popliteal artery occlusion”
Dr. Panat Nisityotakul, Vachira Phuket Hospital, Thailand

3. “Clinical impact of novel revascularization for occluded femoropopliteal prosthetic bypass graft: A combination of surgical thrombectomy and drug-coated balloon angioplasty”
Dr. Tatsuro Takei, Tenyoukai Central Hospital, Japan

4. “BMS stents for complex lession”
Dr. Loi Hoang Minh, Hanoi Heart Hospital, Vietnam

5. “A case of aortoiliac occlusive disease treated with chimney technique”
Dr. Tomofumi Tsukizawa, Kishiwada Tokushukai Hospital, Japan

6. “Hard-to-cross iliac CTO and post-procedure thrombosis”
Dr. Wacharaphong Pitaksantayothin, Sapporo heart center, Thailand

7. “A case of acute limb ischemia with giant popliteal artery aneurysm treated with a covered stent and back-up self-expandable STENT implantation, although the deployment line was torn during the procedure.”
Dr. Akiko Tanaka, Sendai Kousei Hospital, JAPAN

8. “A nightmare ALI case”
Dr. Kevin, Chung-Ho Hsu, China Medical University Hospital, Taiwan