一般社団法人 末梢血行再建研究会 LIBERAL Research Association for Lower Limb Artery Revascularization

役員ご挨拶

理事

飯田 修

飯田 修業績リスト

関西労災病院 循環器内科

我々の使命は、自分達の患者様を自分の親と思い診療することだと考えます。その中で 我々が行う治療に対する「根拠」は明確でないといけません。
すなわちそれは常に日本の患者様を対象とした研究結果から導き出された研究・エビデンスに基づく必要があると思っております。
同じ志がある研究者と地道な努力、データの積み重ねがあれば、質の高い研究が続けられると信じています。
患者様により良い治療を提供できるよう、これからも邁進していきたいと思っています。

市橋 成夫

市橋 成夫業績リスト

奈良県立医科大学 放射線科・IVRセンター

末梢血管治療全盛の時代となり、ますます本領域でもEBMが重要視されていきます。
LIBERALを通じて放射線科医の視点からいろんなエビデンスの構築に貢献させていただければと幸いです。
日本から世界に多くのきめ細やかなエビデンスを発信していきましょう。

宇都宮 誠

宇都宮 誠

東邦大学医療センター大橋病院 循環器内科

本邦における末梢動脈疾患(PAD)に対する治療はここ数年、急激なスピードで進歩しています。新しいデバイスが次々と上市され、日常で用いられるようになってきました。しかしながら、そのデバイスの多くは海外で開発されたものであり、日本人に対する安全性や有用性についての評価は必ずしも十分とは言えません。新しいデバイスや新しいガイドラインが海外から発信された場合には、同じことが目の前の患者で言えるのかどうかは独自に検証する必要があると思います。また、それにとどまらず、日本人オペレーターの創意工夫によって世界をリードする知見を発信することや、オリジナルの研究をしていくこともすごく大切な意味があると思います。一人一人の力を合わせて、世界に通用する研究を実現していく本法人に微力ながら参加させていただけることを光栄に感じております。

川﨑 大三

川﨑 大三業績リスト

森之宮病院 循環器内科

この度はLIBERALの幹事としての本邦におけるPADマネージメントの発展、新たなエビデンスの発信のお手伝いができることを大変名誉に思い身の引き締まる思いです。
森之宮病院はPADの血行再建術の質を上げることはもちろんのこと診断、検査、適応、運動療法、創傷ケア、患者教育、フットケア外来を含むすべてのステップがPADマネージメントの本質だと思い実行しております。LIBERALを通じて正しい医療がどこの病院からも患者様に提供できることにつながれば幸いです。

児玉 章朗

児玉 章朗

名古屋大学 血管外科

我々は以前より血管内治療と外科的バイパス術を行ってきました。症例毎に治療適応や血行再建法を選択してきましたが、なかなかエビデンスの少ない領域であります。日々臨床で感じる疑問をさまざまな先生方と明らかにしていく作業にかかわるチャンスをいただき胸がときめいております。いろいろ苦労もあるかと思いますが、皆様と日本発のエビデンスを作り患者さまにフィードバックしていきたいと考えています。

鈴木 健之

鈴木 健之業績リスト

東京都済生会中央病院 循環器科

ここ数年のNew deviceの進歩は目覚ましいものがあり、それに伴ってPAD診療も大きく変化しています。ガイドラインは存在していますが、ガイドライン通りにはならないことも多く、日々進化する臨床に常に追従するガイドラインも存在しません。正しい臨床はなんなのか、皆様が真摯に取り組んでおられる臨床現場に対しての疑問を臨床研究によって答えを出してゆき、旧来のガイドラインを超えて新しいガイドラインの礎となる。LIBERALを通じて皆様と一緒にエビデンス形成に尽力する所存でございます。

曽我 芳光業績リスト

小倉記念病院 循環器内科

多くの臨床医が臨床研究をはじめようとした時、様々なバリアによって志が継続できないことがあります。
個人の負担も大きいですし、労力も膨大です。まとまった時間を確保するのも容易ではないでしょう。単施設だけでは、十分な症例数が得られない場合もあるかもしれません。多くの疑問をスピード感を大事にしながら解決するのには、同じような志を持つ先生方との情報共有が重要です。
LIBERALは、多くの先生方と多くの情報を共有できる架け橋となり、日頃の疑問に対しスピ―ディなアウトプットを達成できることを目指します。引き続きご指導ご鞭撻よろしくお願いいたします。

藤原 昌彦

藤原 昌彦業績リスト

岸和田徳州会病院 循環器内科

本邦におけるEVTは高い治療技術・Imaging Deviceの発展の一方、デバイス導入が中々進まないという特徴があります。また、一旦承認されたデバイスは医師の裁量権で使用目的が変わってしまうことも問題です。
LIBERALは学会活動をしない、医師主導の臨床研究に特化した組織です。新しく開発された技術および承認されたデバイスを遅滞なく正当に評価する事は、EVTの安全性・有効性を発展させる上でこの上なく重要です。PositiveのみならずNegativeデータも重要視しながら良質なエビデンスを構築できればと思います。

監事

北野 育郎

北野 育郎

新須磨病院 外科・創傷治療センター

慢性動脈疾患(PAD)に対する診断・治療技術の進歩には著しいものがあります。特に、血管内治療におけるdeviceの進化や、創傷ケア技術の向上はめざましいものです。
ただ、地域や診療科によって、治療方法がまちまちで統一されていないのも現状です。普遍性を持ったPAD診療の構築のため、LIBERALのはたす役割は大きいと思います。

山岡 輝年

山岡 輝年業績リスト

松山赤十字病院 血管外科

末梢動脈疾患に対する治療を血管外科医として約20年間従事して参りました。近年、本疾患は糖尿病や透析例の増加による疾患自体の複雑化や血行再建方法の多様化による変革期にあり、本法人設立の趣旨である自由な発想での適切適時の臨床研究の推進は極めて重要であろうと考えます。
代表理事の東先生と他の理事の先生方と協力し、微力ながら本法人の発展に尽力していく所存です。関係各位のご支援およびご指導のほどよろしくお願いいたします。

= お問い合わせ先 =

LIBERAL運営事務局

〒541-0046
大阪市中央区平野町1-8-13
平野町八千代ビル7F
株式会社エヌ・プラクティス内

TEL: 06-6131-8118
FAX: 06-6203-6730
E-mail:
admin-lliberal@n-practice.co.jp